アークランドサービスホールディングス(3085)が株式分割を発表!優待は一部拡充!?

こんにちは、たまこんにゃくです。

今回はタイムリーな話題となりそうなアークランドサービスホールディングスの株式分割を取り上げたいと思います!
ちなみに発表したのは6/7日です、つまりは株価が大きく跳ね上がる可能性がありますね。

株式分割とはなんぞや?という方に簡単に言います。持っている株が100株で1000円とすると、それが2分割(1:2)となったら200株で500円となります。
そのまんまですね(笑)

じゃあ資産も500円になるのかというとそうではなく100株500円+100株500円=200株1000円となるので資産の増減はありません。
ですが持っている株数が2倍になるので、その分100株の値段が半額になります。

つまりはより安く単元株が買えるということです。必然的に買いが先行し、株価は上がりますね!

私みたいな優待族にとってさらに重要なのは優待がもらえる最低単元も据え置きなことが多いからです!
例えば100株持っていた人が分割によって200株になるが、優待がもらえる最低単元が100株のままという意味です。

分割後は残りの100株を売ってもいいし、200株分の優待と配当をもらうもよしといった感じです。
ではまず今回株式分割する会社について見てみましょう。

 

アークランドサービスホールディングスってどんな会社?

かつやを中心とした外食産業の会社です。かつやだけで国内で350店舗とは驚きですね!
ちなみにかつやはカツ丼490円・ロースカツ定食680円で食べられる低価格路線のとんかつ店ですね。私もたまに利用します。
また業績に関しても

かつや直営既存店売上高が前年同月比1.4%増となり、2カ月連続で前年実績を上回った

とあり、成長性も申し分ありません。そもそも2013年には過去最高益を更新しています。
まぁあまり私はIRを詳しく見ていませんけどね、投資家としてそれはどうなんだと言われそうですがあくまで優待目当てですので。

では肝心の優待はどうなんでしょう。ちなみに株式分割日は2017年6月30日1:2の分割となっています。

 

株式分割前

お食事券(6月と12月の年2回)
・100株 … 2,200円相当(550円券×4枚)
・1,000株 … 11,000円相当(550円券×20枚)

 

株式分割後

お食事券(6月と12月の年2回)
・100株 … 1,100円相当(550円券×2枚)
・200株 … 2,200円相当(550円券×4枚)
・1,000株 … 11,000円相当(550円券×20枚)

いかがでしょうか。少し残念なのは100株が1100円相当と据え置きではなく減ってしまったことですね。
株式分割前に100株持っていた人は2200円のお食事券で、分割後も200株2200円のお食事券となり実質優待額は変わりませんでした。

ただし分割前に500株持っていた人は2200円のお食事券で、分割後は1000株11000円のお食事券となり優待拡充になります。
まぁ元々500株なんて中途半端な単元持っている人は少ないでしょうが。

次に配当金を見てみましょう

2017年6月期 1株につき16円(2月発表の12.5円より3.5円の上方修正)
2017年12月期 1株につき8円(2月発表の6.25円より1.75円の上方修正)

2017年12月期については株式分割後なので、100株から200株になっても継続して持っていれば16円の配当金が得られます。
よって実質的に半額になったわけではないので悪しからず。

詳しくはここから見ることができるので、私の説明が足りないと感じた方はご参照ください。

この会社の現在の株価は6月7日の終値で3695円です。このままの株価で分割を迎えれば100株で1848円です。
配当金利回りは0.59%、優待利回りは0.86%合わせて約1.5%となっています。
分割後100株売った場合の配当金利回りは1.29%、優待利回りは1.78%合わせて約3%となっています。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。色々見てはきましたが、優待の単元据え置きでなかった分買うかどうか迷う部分はあると思います。
5月に株式分割してストップ高になったRIZAPグループフジオフードシステムから見ると多少魅力は薄い部分はありますが、近くに店舗がある方は買ってみるのも面白いかもしれません。

参考になれば幸いです。それでは!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です