バイオハザードの世界は実在した!?「マイアミゾンビ事件」について考察してみた

こんにちは、たまこんにゃくです。

あなたは「バイオハザード」という作品を知っているでしょうか。
ゾンビが出てくる作品として有名です。

正直ゾンビが登場しないナンバリングも多いのですが、未だにゾンビの印象が根強く残っている作品であることは間違いありません。

今となってはゾンビは狩られる対象になっていたり、コメディで扱われていたりと恐怖の対象とされることも少なくなりました。

でも実際に目の前に現れたらそれをお笑いといえる余裕があるでしょうか。
私なら武器を持って応戦するというよりは、どこかに隠れてゾンビに見つけられて殺されるというバイオあるあるな展開になりそうな気がします。

しかし実際にゾンビを目撃したとか遭遇したという人は後を絶ちません。
その中でとくに有名な事件について取り上げていきたいと思います。

 

ゾンビの起源

ゾンビは西アフリカやカリブ海方面における民間信仰であるブードゥー教が起源と言われています。

ブードゥー教の司祭であるボコが「人や動物の骨・乾燥植物・カエル・貝類・フグ毒・鉱物」を調合して作ったのがゾンビ・パウダーです。

このゾンビ・パウダーの使用によって一時的に仮死状態に陥った人が死体として埋葬され、後に掘り起こされて蘇生した存在がゾンビとなるわけです。

とはいっても必ず蘇生するというわけではなく、そのまま死に至るケースも存在していたようです。

つまりはゾンビというのは超常現象で突然変異したわけではなく、人間が毒によって作為的に身体と精神に障害を起こさせた作為的な存在といえるでしょう。

だから本来のゾンビというのは、生きた人間が脳死の状態で彷徨い続けているといった方が正しいのです。
こう考えるとゾッとしますよね。

ではなぜそんなことをしなければいけなかったのか。
ゾンビ化の対象となったのは罪を犯した人や奴隷で、刑罰として行われたようです。

彼らの自由を奪い、自分たちの言うことを聞く究極の奴隷を作り上げるのが目的であったのは言うまでもありません。

ある時は労働力として、またある時には兵士として利用されていた可能性はあります。

死体の遺族はボコによってゾンビにさせないように、お墓の周りを警護したり遺体にあえて傷つけて守ろうとしたという伝承も残っています。

もちろんこれはあくまでも都市伝説の類なので、実際にそのような儀式が行われていたかはわかりません。
ですが現在も目撃談があることから、安易にフィクションと断定できないのは確かです。

 

ホラー作品におけるゾンビの変遷

ゾンビとしての世間一般のイメージは、どちらかというとブードゥー教で言い伝えられているものではなく腐乱死体として彷徨い歩き人を食べるという印象です。

ゾンビに噛まれた人間もウイルスが感染しゾンビになるというのも一般的になってきました。

現在においては恐怖の対象としてだけでなく雑魚的やギャグシーンなど、ある意味(?)幅広い作品において活躍しています。

ではその一般的なイメージとなったルーツはどこにあるのでしょうか。

作品としての初出は1932年にアメリカで公開された「ホワイト・ゾンビ」と言われています。
この作品に関していえば、本来のゾンビをモチーフにしておりブードゥー教やゾンビ・パウダーも登場します。

ゾンビの知名度を飛躍的に向上させた作品であることは間違いないですが、人を襲って食べるといった描写はなくその後ゾンビ作品はしばらく低迷を続けることになります。

生ける屍が人を襲うという現在のイメージを決定的にしたのが、1968年にアメリカで公開された「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」になります。

さらに1978年にイタリアで公開された「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」と同監督のジョージ・A・ロメロ監督の「ゾンビ」において、ショッピングモールで大量のゾンビが人を食べ増殖するという現在のイメージを確立させました。

ショッピングモールでゾンビを大量に狩ると言えばゲーム作品である「Left 4 Dead 2」や「Dead Rising」等が挙げられますね。
「Dead Rising」なんて映画のパクりだと言われて係争にまで発展していますし。

まぁこの二つはゾンビの恐怖というよりは、ゾンビ相手に無双するといった趣旨のゲームになります。

逃げるという趣旨であれば2010年よりアメリカで放送されている「ウォーキング・デッド」が有名ですね。

音楽作品でいえばマイケル・ジャクソンの「スリラー」でもゾンビを引き連れたマイケルが華麗にダンスを披露しています。

 

ゾンビの発生理由を現実的なものにした「バイオハザード」という作品

ゾンビといえば「バイオハザード」という作品を挙げないわけにはいきません。

正直この記事にたどり着いた人でこの作品を知らない人はいないでしょう。

前項でゾンビのイメージを確立したのが1960~70年代のジョージ・A・ロメロ監督の作品というのは分かってもらえたと思います。

それまでの作品はあくまで呪術におけるいわば黒魔術的な側面や、突如発生するといった原因不明なものが主流でした。

<スポンサーリンク>

しかし70年代以降においてはゾンビ化する原因に科学的な理由が付与される作品が多くなりました。
その作品の中でも特に世界的なヒット作となったのが1996年にプレイステーション用ゲームソフトとして発売された「バイオハザード」です。

2002年以降シリーズ化された同映画で知った方もいるでしょうね。

敵役としてゾンビは人間よりも心が痛まない、そして現実的に起こり得るウイルス兵器の開発の弊害というリアルな設定が後の作品に大きく影響を与えたといっても過言ではありません。

作品中においてゾンビ発生の原因となったのは、アンブレラと呼ばれる巨大製薬企業です。
製薬会社ということで表向きは医薬品や化粧品を販売しており、バイオハザード対策部隊(U.B.C.S.)という非正規部隊や保安警察(U.S.S.)まで保有しています。

ゲームをやっていない人ならあまりピンとこないかもしれませんが、誰もが名前を知っている企業と認識してもらえれば大丈夫です。

しかし実態は生物兵器(B.O.W.)を開発し売りさばくといった反社会的な活動も行っていました。
B.O.Wは動物や昆虫にTウイルスを投入することで作られるのですが、このTウイルスは空気感染するため漏洩事故が起きた場合に研究施設全ての人間が巻き込まれる可能性をはらんでいました。

そしてそれが現実になってしまい、ついにはラクーンシティという一つの街が消滅してしまうほどの被害を被ることになったのです。

ちなみにTウイルスには10人に1人は抗体を持っており、主人公達は抗体を持っているため噛まれようが引っかかれようが感染しません。

ところで10人に1人って結構多いですよね(笑)

このように現実的にあり得るような設定を作り出した作品がヒットしたことで、ゾンビは架空の存在ではないと世間は認識するようになったといっていいでしょう。

 

現実に起こった「マイアミゾンビ事件」について

ゾンビは架空の存在ではないと思わせる作品が多くなった昨今ですが、結局フィクションだろうと思っている人は多いと思います。

そこで取り上げたいのが、2012年5月26日にアメリカのフロリダ州マイアミで起こった「マイアミゾンビ事件」です。

テレビ東京系の「やりすぎ都市伝説」でも紹介されてたため、知っている人もいると思います。

概要としては全裸の男がホームレスの男性の顔を食べていたという事件でした。
その間目撃者がやめろと叫んでも、警察が離れるように指示しても食べるのをやめなかったそうです。

やむを得ず警官が発砲してもやめないため、最終的に6弾発砲して全裸の男は亡くなりました。
被害者の男性を襲っていた時間はなんと18分にも及びました。

被害者の男性は顔のほとんどを損傷していたにもかかわらず、幸いにも一命をとりとめました。

また奇妙なことに同じような事件が多発しているんです。

5月29日 メリーランド州 被害者を殺害し脳と心臓を食べてしまう事件
6月2日 ルイジアナ州 隣人を襲い頬の肉を噛み千切る事件
6月12日 ニューヨーク 女性が息子を殴った上近所の人に襲いかかる事件
6月14日 テキサス州 同居人の愛犬を噛み殺すという事件

これらの容疑者は全員バスソルトと呼ばれる危険薬物を使用しているのです。

確証はないのですが、この薬物を使用すると興奮した状態になり体温が上昇するため全裸になるようなのです。

さらには被害妄想や幻覚症状をもたらし、凶暴になり人間を襲うようになります。

まさにゾンビに似た症状ではないでしょうか。

しかし後にバスソルトが原因とする説は否定され、大麻が原因と訂正されました。
ただ専門家にの見識によると大麻にそんな症状はありえないとのことです。

加えてなぜ犯人が射殺されたのかについても疑問が残ります。
これはバスソルトが原因であることを隠そうとしていたのではないでしょうか。

裏では今でも人をゾンビ化できる薬物が開発されており、それを隠して闇ルートで流して薬物依存症の人に服用させ実験体としているのかもしれません。

 

まとめ

ゾンビのルーツは16世紀から存在し、現在でもハイチなどでは目撃者が多くいました。

そしてSFやホラーで多く見られる近年のイメージで語られるゾンビの目撃者も同様に存在します。

それは夢か幻か、或いは勘違いしているケースもあったため信憑性は疑わしいものでした。
しかし「マイアミゾンビ事件」に関しては目撃者が多数いて、防犯カメラの映像がインターネット上でも公開されています。

さらには被害者が病院で手術を受けているため、嘘や見間違いなどではありません。
原因は薬物だと言われているのにもかかわらず、それらしいとされる薬物も未だ出回っている状況です。

なぜ政府が対策をしないのか、それとも対策を行っているのに流通を止められないのかはわかりません。
ただこれが実験による弊害だとしたら…恐ろしいことですね。

ゲームや映画でよくある展開が現実でも起こらないとは言い切れないのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です