2017年カラオケ年間ランキング発表!

こんにちは、たまこんにゃくです。

JOYSOUNDが2017年のカラオケ年間ランキングを発表しましたので記事にしてみました。

2017年のカラオケ上半期ランキングはこちらから

2018年のカラオケ上半期ランキングはこちらから

ランキングはJOYSOUND・UGAシリーズを総合したランキングとなります。
集計期間は2017年1月1日~2017年11月30日となっています。

それでは早速見てみましょう。

 

カラオケ総合ランキング

1 恋/星野源
2 糸/中島みゆき
3 前前前世 (movie ver.)/RADWIMPS
4 ひまわりの約束/秦 基博(ハタ・モトヒロ)
5 小さな恋のうた/MONGOL800
6 海の声/浦島太郎(桐谷健太)
7 ハナミズキ/一青窈
8 奏(かなで)/スキマスイッチ
9 残酷な天使のテーゼ/高橋洋子
10 キセキ/GReeeeN
11 3月9日/レミオロメン
12 高嶺の花子さん/back number
13 シュガーソングとビターステップ/UNISON SQUARE GARDEN
14 栄光の架橋/ゆず
15 Story/AI
16 365日の紙飛行機/AKB48
17 アイネクライネ/米津玄師
18 千本桜/WhiteFlame feat.初音ミク
19 トリセツ/西野カナ
20 サイレントマジョリティー/欅坂46
21 チェリー/スピッツ
22 愛唄/GReeeeN
23 366日/HY
24 ハッピーエンド/back number
25 なんでもないや (movie ver.)/RADWIMPS
26 Wherever you are/ONE OK ROCK
27 Let It Go~ありのままで~/松たか子
28 HANABI/Mr.Children
29 愛をこめて花束を/Superfly
30 世界に一つだけの花/SMAP

 

2017年年間ランキングの1位は星野源の恋でした!

逃げ恥ことドラマ「逃げるが恥だが役に立つ」の主題歌に起用され、特徴的な恋ダンスは社会現象になるほどの人気を博しました。
2017年になっても変わらずカラオケで歌われている曲で、老若男女盛り上がれるナンバーとなっています。

ところでこの恋ダンスなんですが思ったより振り付け難しいと思うのは私だけでしょうか。
ダンスやってる人はそうでもないかもしれませんが、素人の私が覚えるのに結構苦労しました。まぁ乃木坂46のインフルエンサーとかから比べたらマシですけどね。

2位は中島みゆきの糸です。実はこの曲1992年発売の曲です。
色々なアーティストにカバーされていますが、私が一番好きなのはやはり原曲です。
中島みゆきの曲はメッセージ性が強く、歌詞だけではすべてを知ることができない奥深さがあります。本人が歌うことでこの曲に深みを出させていると感じるからですね。

3位はRADWIMPSの前前前世 (movie ver.)です。長編アニメーション映画「君の名は。」の主題歌に起用されたこともあり話題になりました。
25位のなんでもないや (movie ver.)は同映画のエンディング曲なので2曲ランクインしています。
ちなみに地上波では2018年1月3日にテレビ放送されますね。見てない方はこれを機会に見てみるのもいいと思います。

<スポンサーリンク>

全体的に新しめの曲もランクインしていますが、2017年に発売した曲が入っていないのが、寂しいところですね。
カラオケに集計される関係上、ランキングに反映されるのが遅いのも理由としてあるので来年のランクインに期待しましょう。

 

アーティストランキング

1 RADWIMPS
2 back number
3 星野源
4 Mr.Children
5 中島みゆき
6 西野カナ
7 GReeeeN
8 嵐
9 AAA
10 ONE OK ROCK
11 AKB48
12 ポルノグラフィティ
13 サザンオールスターズ
14 米津玄師
15 EXILE
16 BUMP OF CHICKEN
17 ゆず
18 DREAMS COME TRUE
19 美空ひばり
20 スピッツ

 

アーティスト1位はRADWIMPSとなりました!

「君の名は。」関連で若者に歌われてるのもありますが、今年発売したシングル「サイハテアイニ」よりサイハテアイニと棒人間がよくカラオケで歌われているのもありますね。

back numberは中高生が好きなバンド1位ということもあり、高嶺の花子さんを中心に幅広く歌われていることから2位にランクインしました。
星野源は恋もそうですが、ドラマ「過保護のカホコ」の主題歌に起用されたFamily Songも大きな話題になりました。

上位の歌手はほぼ現役の歌手ですが、美空ひばりが19位にランキングされていました。
世代を超えて歌い継いで欲しい歌手だけに嬉しいですね。

 

2017年発売曲 カラオケ総合ランキング

1 シャルル/バルーン
2 ようこそジャパリパークへ/どうぶつビスケッツ×PPP
3 ピースサイン/米津玄師
4 背中越しのチャンス/亀と山P
5 やってみよう/WANIMA
6 打上花火/DAOKO × 米津玄師
7 どこまでも ~How Far I’ll Go~/モアナ(屋比久知奈)
8 はぐれ花/市川由紀乃
9 渡月橋 ~君 想ふ~/倉木麻衣
10 TT -Japanese ver.-/TWICE

 

総合ランキングの所で2017年の曲が入ってなかったので、2017年発売のランキングもまとめてみました。

1位はバルーンのシャルルです。

シンガーソングライターとして活動する須田景凪(すだけいな)がボカロPとして世に送り出した曲です。

ニコニコ動画でもつい最近200万再生を突破しており、ボカロ停滞期でありながらその中毒性のあるメロディーに惹かれる人が多いことが理由として挙げられますね。

自身も2017年10月より歌手活動を始め、短編アニメーション「ROAD TO YOU -君へと続く道-」の主題歌も手掛けています。
アマドールは私のお気に入りの曲でもありますので、ぜひぜひ聞いてみてください。

2位のようこそジャパリパークへも今年一番のヒットアニメ「けものフレンズ」の主題歌に起用され話題になりました。
個人的には今年の紅白にけもフレかラブライブ!サンシャイン!!かどちらか出場するかと思ったのですが、どちらも落選してしまいました。

3位のピースサインもボカロPとしてハチ名義で活躍する米津玄師の楽曲になります。

こうしてみるとボカロPの曲がカラオケでランキング上位に来るのが当たり前の時代になりましたね。
そもそも小林幸子が千本桜を歌うような時代なので、それだけ社会に浸透したということでしょうね。

 

まとめ

あなたの好きな楽曲は入っていましたでしょうか。

今時期は忘年会やクリスマス、新年会などでカラオケに行く機会が多いと思います。
いざという時に困らないために今から盛り上がりそうな曲を練習しておくといいかなと思います。

ランキングはその際の参考にしていただければ幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です