失った信用を取り戻すのは難しい!?安田大サーカスのクロちゃんの嘘ツイートからみる教訓!!

こんにちは、たまこんにゃくです。

あなたは安田大サーカスのクロちゃんをご存知でしょうか。

お笑いトリオのボケ担当もとい紙吹雪担当の人です。
スキンヘッドに巨漢と見た目は怖そうなのに、喋ると非常に高い声なのが特徴的ですね。

今3人の中で一番テレビに出演していますよね。
むしろ他の2人はほとんど見かけることはなくなりました。

そんなクロちゃんですが、どんな印象を持っているでしょうか。

大体の人は嘘つきとかモンスターというイメージですよね(笑)

そんな印象を植え付けてしまったのは「水曜日のダウンタウン」という番組のせいです。
この番組のスタッフは悪乗りがすぎることで有名で、芸能人や一般人を小馬鹿にしたような演出が多々見られます。

ちなみに以前ロンブーの田村淳がMCの「クイズ☆タレント名鑑」という番組も同じスタッフでした。
真相はわかりませんが、噂では低視聴率のため打ち切りになったようです。

かなりブラックな企画が多かったので、仕方ないかなと思います。
「カラオケ歌われるまで帰れません! 」という企画は好きだったんですけどね。

話を戻して今回クロちゃんを取り上げたのは、近年のどっきりで最近著しく好感度が落ちているからです。

自分の蒔いた種とはいえどうして嫌われるようになっていったか、そして信用を取り戻すためにはどうすればいいかを紐解いていきたいと思います。

 

安田大サーカスのクロちゃんが炎上するようになった過程

最近のクロちゃんが炎上しているのは、数々の嘘ツイートや異常な生態がテレビ番組の「どっきり」によって明るみになってきたのが原因です。

お笑い芸人の宿命ともいえるのが「どっきり」なわけです。
中にはプライバシーの侵害じゃないかというレベルの仕掛けもあるわけですが、芸能人ということで仕方なく受けている感じもありますね。

テレビに出ることが仕事なので、断ってしまえばテレビに出られなくなると渋々出ている人もいるかもしれません。

しかし結果的に面白かったり、本人の意外な一面が見られて好感度が上がるきっかけにもなります。
もちろんテレビの露出が増えるので知名度も上がるでしょう。

騙されるという本人のストレスを除けば、悪い面ばかりでもありません。

なのに悪い面が目立ってしまったのが、今回のクロちゃんなわけです。
確かに笑いは取れるのですが、好感度は大きく下がってしまいました。

元々昔から番組に出て権力のある人に媚びを売ったり、何か都合が悪いと人に押し付ける性格はありました。
ですがそこまで大々的に性格の悪さが取り上げられることはありませんでした。

それをここまで炎上芸人になってしまった理由は「水曜日のダウンタウン」において仕掛けられた「どっきり」が原因です。

そもそも最初から嘘つきを見破ろうという企画ではありませんでした。

『「起きたら人がいる」が結局一番怖い説』という企画で偶然歩いて帰ると嘘ツイートしてタクシーに乗って自宅に帰ったところをカメラが抑えてしまったからです。

その後「クロちゃん嘘ツイート監視企画」や「フューチャークロちゃん」といった企画が行われるようになりました。

隠しカメラで撮られているとは知らずに、食べたご飯の量をわざと少なくツイートにあげて減量に励んでいるように見せたり、鉄アレイを持って筋トレするツイートをしておきながら実際はしなかったりと悪質な嘘が世間に知られるようになりました。

さらには番組で共演したモデルが席を立った隙に、モデルが飲んでいたグラスで間接キスをするなど本能に忠実なモンスターとしての一面を現すようになります。

極めつけは「芸能界一寝たら起きないのジミー大西説」でのクロちゃんの寝相の悪さです。

企画の意図はジミー大西の寝起きが悪いことを検証しようというものでしたが、肝心のジミー大西は酒を飲まずすぐに目覚めてしまいました。

ではクロちゃんはどうだったかというと、泥酔して謎の独り言を発しながら徘徊し、奇怪な行動を連発していました。
さらには自宅のベッドの下に入り、うなり声をあげながら寝台を揺らす行動を繰り返しました。

その行動に面白さというよりは恐怖を感じた方も多いでしょう。

これらの行動からクロちゃんのイメージは「嘘つき」と「モンスター」がすっかり定着してしまいました。

加えてクロちゃんは「名医のTHE太鼓判!」という番組で2型糖尿病と診断され、即入院レベルと医師から言われていました。

それなのに食生活を改めないクロちゃんに医師団は健康のことを真剣に考えてアドバイスを行っていたのです。
しかし一切本人には届いてなく「水曜日のダウンタウン」内の『「ベッドの中に人がいる」が結局一番怖い説』において医師団の事を「あいつらうるさいから」と非難しました。

そしてクロちゃんの事を心配して涙を流した医師について「泣きまねする女もいるから」といってしまう始末です。

こちらに関しては公式の動画があるので紹介します。

これは非難されてもしょうがないですね。
言っていいことと悪いことがあります。

炎上するようになったのはこうした一つ一つの態度の悪さからなので、自業自得といわれても仕方ない部分があります。

<スポンサーリンク>

 

失ってしまった信用を取り戻すには態度で示すしかない

信用を失ってしまうのは一瞬です。

しかし信用を取り戻すにはその何倍も努力をしなければなりません

今のクロちゃんのツイッターを見ればわかると思いますが、何をツイートしても嘘つき呼ばわりされています。
一度嘘つきというイメージが定着してしまうと、本当のことをツイートしていても嘘だと思ってしまいます。

例えばクロちゃんが家まで歩いて帰ったとツイートしたとしましょう。
あなたは心の中で思うはず、「どうせタクシー乗ってるんだろ」と。

クロちゃんは番組内で自分をよく見せたいから嘘を付くと言っています。
確かに人からよく見られたいというのはわかります。

嘘を付かないことは人間として無理だとは思うので、嘘を付くなとは言いません。

しかしクロちゃんの場合は日常的に息を吐くように嘘を付く、それが信用を失った一番の理由になります。

といいますか番組であれだけ仕掛けがあるのに、テレビに取られているという警戒をしないのだから当たり前になってしまっているんでしょう。

一度悪いイメージがついてしまえば、いい印象もかき消されてしまいます。

「水曜日のダウンタウン」の番組内ではクロちゃんの良いところも紹介されています。

例えば素人の方に突然無茶なフリをされても、笑顔で自分の芸を返すところやタクシーの運転手が目的地の目黒駅と目白駅を間違えてしまっても、怒ることなく睡眠取れたとお礼をいうところです。

また「どっきり」企画で共演のモデルがクロちゃんを落とし穴に導こうするが、その誘導が下手くそでクロちゃんが薄々気づきながらも落とし穴に落ちるなどです。

優しいところがあるにもかかわらず、悪い面しか取り上げられないところが信用を失うことの代償になってしまうんですね。

この状態から全てのツイートを世間に真実だと認識させるのは非常に大変です。

もし嘘つきと呼ばれたくないのであれば、常に真実の事だけをツイートして、番組の隠しカメラで撮られても事実と相違がないという実績を作って行くしかありません。

信用を取り戻すには一つ一つの態度を直していくしかないのです。

 

環境を変えてしまうのも一つの方法!!クロちゃんの事例から見る教訓

一度信用を失ってしまえば、取り戻すことは大変だとお伝えしました。

しかしクロちゃんは芸能人です。
どれだけ嫌われキャラになったとしても、それはあくまでキャラなんですよね。

芸能人が一番辛いことは番組で使われなくなることです。
例え悪役であろうが、炎上しようが需要があれば番組には呼ばれ続けます。

つまりクロちゃんがこのままのキャラを受け入れるのであれば、芸能人としては生き残っていく道を選んだことになります。
もちろんいつ飽きられるかは分かりませんけどね。

しかし一般人であればまた変わってきます。

メディアに出てお金を稼ぐ仕事でない場合は、人から嫌われるメリットはほぼないといえます。

信用を取り戻すためにコツコツ頑張るのもいいですが、手っ取り早いのは環境を変えてしまうことです。

一例を挙げます

・仕事であれば転職や異動を申し出る
・サークル等の課外活動であればやめて別のサークルに入る
・費用の面の負担はあるが学校やご近所付き合いなら転校や引越をする
・恋愛であれば別れる決断をする

等です。

一見逃げるように見えますが、同じ環境で改善させることの方がはるかに難しいです。
そもそも環境を変えることは逃げではありません。

逆に同じ環境で耐え続けて体調を崩すよりはマシです。
若者の自殺率が高いのも、環境を変えるという選択肢を逃げだと感じて留まってしまうことが理由の一つとしてあります。

現状が辛いのであれば思い切って環境を変えてみましょう
すぐに変えることを躊躇する場合は、いざとなればその選択肢があると考えておくだけで大分心に余裕を持てるようになります。

 

まとめ

信用を失った事例としてクロちゃんを取り上げてみましたが、私自身クロちゃんを取り扱った説は大好きです。

むしろ「水曜日のダウンタウン」のどの企画よりも面白いと思っています。
同じように世間で関心があるからこそ、番組で新たな「どっきり」が仕掛けられるんですね。

芸能人の場合は環境を変えるという選択はできないのですが、嫌われることも一つのキャラ作りの一環です。
本人が受け入れるなら嫌われキャラとしてテレビに出続けることができるでしょう。

しかし一般人の場合は環境を変えてしまえば人間関係が一新できるので、一から関係を作ることが簡単にできます。

もちろん耐えて信頼を勝ち取っていくことも大事なことですが、私も同じ状況になった時に勝ち取ることの大変さを知っているため環境を変えることも方法の一つとして提案しました。

個人的には今後も「どっきり」を見たいので健康に気を付けて頑張って欲しいと思っています。
クロちゃんの動向次第ではまた記事にしたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です