ビットコインは儲かるのか!?これから始める人への入門講座

こんにちは、たまこんにゃくです。

昨今よく耳にする「ビットコイン」という言葉。

テレビや新聞でもよく取り上げられますよね?
話題だけが先行して、結局ビットコインってなんなのかよくわかっていない人も多いと思います。

といいますか私も最近までよくわかっていませんでした。

ビットコインの価値も大幅に高騰し、今からの参入は損をするんじゃないかという風潮もあります。

そこで今回はビットコインの特徴について改めて解説していきたいと思います。
入門としている通り難しいことは省いていきます。

 

ビットコインとは何か?

ビットコインとは、仮想通貨のことです。

つまりは仮想のお金なんです。

円やドルのような紙幣があるわけではなく、インターネット上で取引する電子データのことなのです。

ちなみにビットコインの通貨の単位はBTC(ビットコイン)と表します。
現在の1BTCの価格は150万円~200万円の間ですね。一時は220万円を超えたこともありました。

他にはSatoshiという単位もあります。

これはビットコインが2008年にサトシ・ナカモトという人物が投稿した論文によって、その翌年より運用が開始されたことに因んでいます。

このサトシ・ナカモトという人物、ビットコインの生みの親でありながら未だに誰かわかっていません。
1BTC=1億Satoshiとなります。

また仮想通貨=ビットコインというわけではなく、仮想通貨の中の種類の一つがビットコインなのです。

ビットコイン以外の通貨をアルトコインと呼びます。
具体的にはイーサリアム、モナコイン、リップル、ダッシュ等です。

ビットコインと違って、まだまだ低価格で将来性もあるのが特徴ですね。
ビットコインが高騰している現在では、新たな投資対象として注目されています。

仮想の通貨と聞くと実体がないものなので、詐欺に巻き込まれるんじゃないかと心配になりますね。

ただ考え方を変えてみましょう。
日本のお金も宇宙に行けば紙屑同然です。

紙幣の円もビットコインも日本政府が認めた正式なお金ということに変わりはありません。

金融庁で認可されている仮想通貨交換業者であれば、詐欺にあう心配はありませんので安心してください。

ただ価格変動が常時行われるため、損をする可能性があるということは理解しておく必要があります。

 

ビットコインを使うことによるメリット

何も得られるものがなければ円やドルをわざわざビットコインにする必要はありません。

最近ではインターネットバンキングもあり、インターネット上でお金のやりとりをすることもできますからね。

しかしビットコインを使うことで通常の通貨と違い大きなメリットがあるんです。
ここでは3つのポイントに絞って紹介します。

 

世界共通の通貨である

当たり前ですが日本円はアメリカに行っても使うことはできません。
ドルに換金しなければいけないのです。

でもビットコインなら世界中で同じ通貨が利用できます

これって便利じゃありませんか?
換金の手間って結構面倒くさいんですよね。

もちろんビットコインでの支払いが可能なお店であることが条件ですが、世界中でどんどんビットコインで決済できる店舗が増え続けています。
日本でもビッグカメラやメガネスーパー等で使えるようになっており、今後さらに使用できる店舗は増えるでしょう。

 

手数料が安く、送金スピードが早い

銀行送金やクレジットカード払いの時には基本的に手数料がかかります。

特に少額の取引をする時にはこの手数料が重くのしかかります。

しかしビットコインでの取引は仲介する業者が存在しないので、直接送金の仕組みになっています。
故に手数料が安く、中には無料の場合もあるんです。

またインターネットバンキングと違い、土日祝や夜間に送金が反映されないということもありません。

個人間での直接のやりとりのため、すぐさま送金が反映されます

 

投資商品の一つにできる

ビットコインはご存知の方も多いと思いますが、為替のように常に価格が変動します。

10万以下で買ったのに、200万以上になったという人も沢山いましたね。
保有資産が1億円を突破した人を見るたびに羨ましくなったものです。

一番の大きいところは銀行預金のような雀の涙の利子ではなく、保有していれば大きな運用益を得ることが可能なのです。

もちろんその逆もあるのは注意すべきところですが、投資の入門として少額だけでも保有するのは悪くないと思います。

また株式市場やFXと違って、仮想通貨投資は24時間365日取引が可能です。
専業の方であれば、暇な土日祝辺りにも取引を行うことができるのが魅力ですね。

 

ビットコインを発掘するマイニングの仕組み

<スポンサーリンク>

ビットコインにはただ売買するだけではなく、マイニングという独自の仕組みがあります。

マイニングとは「発掘」という意味です。

発掘と聞くと、地中深くに眠っている鉱物を探すことをイメージしますよね?

考え方はそれで合っています。
ビットコインは地中に埋まっているわけではなく、インターネット上に眠っています。

それをパソコンを使って探し出すことをマイニングといいます。
計算は膨大なため、その手伝いをするために自分のPCを貸し出して手伝い、その代わりに新たに発掘されたビットコインをもらうという仕組みです。

ほんとはもう少し複雑なのですが、ニュアンス的にこのくらいで覚えてもらえればと思います。

マイニングというのは他の投資にはない新たなスタイルですね。
自分のPCを貸すという作業の都合上電気代が上回らないようにさえ気を付ければ、常にお金を生み出すことができます。

ビットコインの発行総量は事前に決まっており、マイニングできるのは2140年までに2100万BTCが上限です。
ただ今から始めてもその時まで生きている人はいないから、あまり心配しなくてもいいですね(笑)

 

ビットコインは儲かるのか?

単刀直入にいいましょう。

人によります(笑)

ここまで説明しといてそれはないでしょうと思うかもしれません。
ただ損をする可能性がある以上、全員が儲かるとはどうしても言えないのです。

ではやらない方がいいのかというとそうではありません。

もちろんまだまだ法律が追いついていなく、価格も高騰しているためリスクは大いにあります。

ただ老後資金を考えるうえで、高収入でもない限り預貯金と年金だけで老後何不自由なく過ごすことは難しいでしょう。

歳を取ってから苦労しないためにも、若いうちから各種投資をすることが必要な時代になってきています。

迷っている人がいるなら少額からでも構わないので挑戦してみるべきです。
既に投資をしている人なら、他の投資が失敗した時の潰しとしてもう一本の柱として考えてみてください。

 

口座開設する方法

ビットコインを始めようと思った方はまず口座開設をしてみましょう。

別に口座開設をしたら取引をしなければいけないわけでもないので、とりあえず開設してみるのも手です。
チャートを見ているだけでも勉強になりますよ!

私がいつもつかっているのは「bitFlyer」です。

下記リンクより口座開設ができます。
方法についても記載しますので、よければ参考にしてみてください。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2014年1月に日本で初めて設立されたビットコインの取引所です。

また国内でのビットコインの取引量と資金力は第1位です。

同時にビットコインの保管中のサイバーリスクに対する保障契約を損害保険会社と結んでいます
ビットコインの取引は電子データでのやりとりのため、何かあった場合の補填があるのは嬉しいですね。

①アカウントの作成

bitFlyerの公式HPに行ったら、メールアドレスを入れてアカウント作成をクリックしましょう。
facebook、yahoo、googleのIDをお持ちの方は、その後の本人情報入力欄をスキップできます。

②届いたメールのリンク先に飛ぶ

アカウント作成の時にいれたメールアドレス宛に、確認のメールが届きます。
届いたメールに記載のリンク先をクリックします。

③本人情報登録

氏名や住所等の本人情報登録が完了しましたら、本人確認資料をアップロードしてください。
免許証・パスポート・マイナンバーカード・住基カード・各種健康保険証等の裏表が必要ですので、こちらも用意してください。

本人確認資料をアップロードしたら、ビットコインの取引に使う自分の名義の銀行口座の登録を行ってください。

④登録後数日で登録住所に送られてくるハガキを受け取る

私の場合は、登録から1週間で届きました。
受け取るだけで本人確認完了です。

登録自体は簡単なので、すぐに登録できると思います。

 

まとめ

ビットコイン自体まだ新しい通貨なので、今後新たな制度や法律ができる可能性があります。

私も随時新しい情報に更新していく予定ですが、自分自身まだまだ知らない部分も多いので逐一勉強していきたいですね。

今回は口座開設までだったのですが、取引方法についても記事を作成できればよいなと思っています。

あくまでここで念を押しておきますが、ビットコインはあくまで余剰資金で行ってください
今後大きく暴落する可能性もありますので、生活資金を使うのはリスクが高すぎます。

あなたの取引が上手く行くよう願っています。
最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です