2017年の投資相場を振り返って

こんにちは、たまこんにゃくです。

いやはや2017年ももう間も無く終わりですね。みなさんはいい一年でしたでしょうか?

私はそこそこいい一年を過ごせたと思います。仕事以外は(笑)
仕事だけが自分にとっての足かせです。

もうね、何度も言いますが来年の目標はリタイアすることです。てかリタイアするまで言い続けるつもりです。

一年間を総括して色々な話題を振り返ろうかと思ったのですが、せっかく大納会を終えたので2017年の相場についておさらいしていこうと思います。

 

 日経平均が年末の株価としては26年ぶりの高値を記録

2017年は1月のトランプ大統領就任に続いて、3月にはオランダ、4月にはフランス、8月〜10月にかけてドイツの大統領選と政治イベントが多くありました。

2016年のアメリカ大統領選とイギリスのEU離脱のような大荒れの相場になることを予想している人もいました。

しかし一年を通してアメリカのシリア攻撃や北朝鮮のミサイル発射など不安要素はあるものの、大きく荒れることもなく、堅調な株式市場となりました。

特に9月を景気として約3か月で株価は19000円代から22000円代へと大きく跳ね上がりました。

大納会となった29日の日経平均株価の終値は22764円94銭となり、年末の株価としては26年ぶりの高値を記録しました。
昨年末から3650円57銭上昇し、日本銀行の金融緩和が始まった2013年以来の2番目の上昇率となります。

株価の上昇も6年連続で、バブル崩壊後で最長となりました。
現物をただ持ち続けるだけで資産が増えるので、長期保有の人であれば資産を大きく伸ばした一年になったことでしょう。

私も長期投資に切り替えて早3年、少しずつ結果を出せるようになってきました。
デイトレやってた頃の自分に言い聞かせたいものですね。

2018年に関しても大方堅調な株価の推移が予想されています。
ただこればかりは実際にはわからないですけどね。

アナリストなんて50%当たってれば優秀なんて言われてるくらいですし。

ただ私個人としても株価はある程度天井付近とは思いつつ、大きく下げるようなことはないと予想しています。
東京オリンピックまでは上昇トレンドは続くと思われます。

 

仮想通貨元年と呼ばれた2017年

堅調な株価と共に大きく知名度を高めたのは、ビットコインを始めとする仮想通貨でしょう。

少し前なんて仮想通貨なんて見向きもされませんでした。
それが今やニュースや広告で見ない日はありません。

市場規模も大きく拡大し、今年初めは1BTCが10万円程度だったのに対し一時は200万の高値をつけるまでになりました。。

取引量も日本人が約半分を占めると言われています。
しかも日本人はミーハーなので、高値になった2017年に大きく取引量が増えました。

これはある意味バブルといってもいいかもしれません。

億り人(1億円以上の利益を出した人)もかなり増えたことは間違いないのですが、同時に高値掴みをしている人もまた多いのです。

今から買うべきかどうかの判断は難しいところですが、私個人的な見解はこちらも東京オリンピックまでは堅調なものと見ています。

2017年4月1日から改正資金決済法が施行され、詐欺の取引所が規制されるようになったこと。
ビッグカメラやメガネスーパーなどビットコインを取り扱う店舗が増加してきたことがその理由です。

ただバブルはいつか弾けます。大口が売りに出た時のリスクを考えて保有することをお勧めします。

私が主に使っているのはbitFlyerですね。
以下のバナーから口座開設ができますので、よければどうぞ。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 個人で上場できるVALUの登場

VALUとはビットコインを取引通貨として、企業ではなく個人単位で上場して資金を集める制度です。

ユーチューバーのヒカルがこれを利用して不正に利益を得たとして、一時的に活動休止にまでなりましたね。

詳しくは私の記事でも取り上げていますので、そちらをご覧ください。

ここで何が言いたいかといいますと、別に詐欺云々の話ではなく誰もが簡単にインターネット上で不特定多数から資金を得られるというメリットです。

facebookやtwitterなどの友達やフォロー人数でその人の価値を決めるため、SNSとの親和性も高いです。
また芸能人や起業家といった人ではなく、ユーチューバーなどの動画サイトで活躍する人でも資金を容易に集められます

もちろんまだまだ問題は沢山ありますが、新たな投資のスタイルが登場したことは評価されるべきだと考えています。

 

まとめ

 全体的に堅調な動きを見せた、2017年でした。

そしてビットコインの高騰、VALUなど新たな投資方法が登場したことについて取り上げました。

投資は常にリスクが伴うものです。
私がお勧めするのは分散投資です。

例えば今回紹介しただけでも株、仮想通貨、VALUと3つあります。
別にこの3つを始めろというのではなく、何本も収入の柱を作っておいて一つがダメになっても潰しがきくようにしておくことが重要です。

2017年は全てが高水準で推移しています。
いつ崩壊しても致命傷にならないように対策していくことが、今後必要になるでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です